2013年8月26日

RHEL6に含まれるruby 1.8.7はいつまでサポートされますか?

RHEL6に含まれるrubyパッケージは、RHEL6のライフサイクルに従いサポートが提供されます。rpmパッケージであってもRHELに含まれないものや、お客様自身で再ビルドしたもの等はサポート対象外となりますのでご注意ください。

ライフサイクルは期間によってフェーズが分かれ、段階的にサポートレベルが変わります。脆弱性およびバグの修正については運用3フェーズまで提供され、2020年11月30日まで提供されます。

ライフサイクルの詳細については以下のwebページにてご案内しておりますのでご確認ください。
https://access.redhat.com/support/policy/updates/errata/

/proc/1/io を見るとsystemdがすごくI/Oしてそうに見える件メモ

/proc/1/io を見ると systemdがI/O大量にやっている(ように見える)のが腑におちなくてちょっとしらべました。 task_io_accounting_add という関数があってioの集計情報を足すのですが その関数がexit時によばれて子プロセスのio統計が...