2013年8月26日

RHEL6に含まれるruby 1.8.7はいつまでサポートされますか?

RHEL6に含まれるrubyパッケージは、RHEL6のライフサイクルに従いサポートが提供されます。rpmパッケージであってもRHELに含まれないものや、お客様自身で再ビルドしたもの等はサポート対象外となりますのでご注意ください。

ライフサイクルは期間によってフェーズが分かれ、段階的にサポートレベルが変わります。脆弱性およびバグの修正については運用3フェーズまで提供され、2020年11月30日まで提供されます。

ライフサイクルの詳細については以下のwebページにてご案内しておりますのでご確認ください。
https://access.redhat.com/support/policy/updates/errata/

3週間ほどGoogle Homeを使ったまとめ 小技編

サードパーティアプリの強制終了は「キャンセル」 サードパーティアプリそのものは玉石混交でまあどんどん変わっていくと思うので詳細には触れない。音声対話をしているときにサードパーティアプリが想定しているコマンドがわからなくなると「すみません、もう一回言ってください」「最後のコマン...