2013年1月16日

RHEL for HPC はいつ使えてどういう違いがあるの?

HPC製品が適用できるユースケースについて
エンタープライズ契約の 1.A 表4内にHPC製品が適用できるユースケースの定義が
含まれております。以下に引用します。

> 以下のすべての特徴を持ち、数値計算を処理するためにネットワーク化およ
> び管理されているシステムで、最小単位で4つのシステム(「クラスタ」)
> から構成されている高性能コンピューティング(「HPC」)。
> (a) そのクラスタは、クラスタ内の個々の計算ノードに送られる数値計算配
> 分タスクのために使用される、
> (b) そのクラスタは、複数組のデータで数値計算作業を実行することで、特
> 定のタスクについて単一の機能またはシステムとして機能する(データベー
> ス、ウェブアプリケーション、ロードバランシング、ファイル サービングの
> 各クラスタを作動させるシステムは、HPCノードとみなされない)、
> (c) マネジメントまたはヘッドノードの数は、クラスタのノード総数の4 分
> の1 を超えない、
> (d) クラスタの計算ノードはすべて、同じレッドハット エンタプライズ リ
> ナックスの構成を持っている。
> HPCヘッドノード用レッドハット エンタプライズ リナックス(計算ノードの
> 管理を行うためのオプションのソフトウェアサブスクリプション)を同じク
> ラスターの計算ノード用のHPC計算ノード用レッドハット エンタプライズ リ
> ナックスのフトウェア サブスクリプションと組み合わせる場合、計算ノード
> はヘッドノードのサービスレベル契約(「SLA」)を引き継ぎます。

この制限を満たさない場合は通常のRHELのサブスクリプションをご利用ください。


次にパッケージについて
RHEL for HPC Head Node は価格づけが異なるだけの通常のRHEL Serverです。
ComputeNodeは通常のRHELより提供パッケージが非常に少ないです。
以下にHPC ComputeNodeに含まれるパッケージ 一覧がありますのでお客様の必
要なパッケージが含まれるかご確認いただけます。
https://access.redhat.com/knowledge/docs/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Package_Manifest/ar01s01.html#id18391134

HPCに限らずRHELの種類による違いについて以下のスライドで紹介しています。
http://www.slideshare.net/moriwaka/red-hat-enterprise-linux-17971177

3週間ほどGoogle Homeを使ったまとめ 小技編

サードパーティアプリの強制終了は「キャンセル」 サードパーティアプリそのものは玉石混交でまあどんどん変わっていくと思うので詳細には触れない。音声対話をしているときにサードパーティアプリが想定しているコマンドがわからなくなると「すみません、もう一回言ってください」「最後のコマン...