2014年7月28日

systemdあるある

ついったーでつぶやいたsystemdあるあるネタまとめ
  • journaldのログが一部壊れた
  • gdm更新したら手元のセッションがブチ切られた
  • thrashingしてる時にvirtual consoleのgetty起動を待つ気持ち
  • コネクションがはられるまで起動が遅延するので監視スクリプトが異常停止をレポート
  • unitを書き換えてsystemctl daemon-reloadする方法があるとは知らずunitを書き換えるたびに再起動
  • default.targetのことをランレベルって呼んじゃって今使ってるシステムがsysvinitかsystemdか再確認依頼がくる
  • RHEL7で/etc/init.d以下すっきりなくなってるかと思ったらpcpがあって謎。
  • systemctl経由でserviceコマンドみたいな自由過ぎるサブコマンドが使えなくて「hogectl」コマンド作るか悩む
  • 複数セッション貼ってるときにコンソールから一般ユーザでshutdownしようとして確認ダイアログがでてびっくりする
  • systemdで起動すると(途中のシェルが激減してるので)今までよりPIDが小さいので違和感
  • dbus-daemonをkillする実験がしたくなる
  • VMのtemplateをつくるときに/etc/machine-idを削り忘れる

/proc/1/io を見るとsystemdがすごくI/Oしてそうに見える件メモ

/proc/1/io を見ると systemdがI/O大量にやっている(ように見える)のが腑におちなくてちょっとしらべました。 task_io_accounting_add という関数があってioの集計情報を足すのですが その関数がexit時によばれて子プロセスのio統計が...