2013年8月26日

Red Hat Enterprise Linux 6のEOL日程はいつ公開されましたか?

RHEL6発表当時はライフサイクルの運用フェーズは7年間と定義されておりました。そのためお客様の利用開始時期(2011年末)にはRHEL6の運用フェーズ終了を2017年11月までと宣言しておりました。

その後2012年1月31日にサポートポリシーを変更いたしまして、10年間のライフサイクルとし、運用フェーズの終了は2020年11月としております。

ライフサイクル変更当時のプレスリリースは以下でごらんいただけます。
http://jp.redhat.com/about/news/press-archive/2012/1/red-hat-enterprise-linux-stability-drives-demand-for-more-flexibility-in-long-term-operating-system-deployments

Ansible 2.3.2のモジュール サポート状況

(2017年9月11日追記) http://docs.ansible.com/ansible/latest/modules_support.html  内のモジュールの分類にNetworkとCertifiedが追加された。あとcoreモジュールの一覧へのリンクも追加された。この記...