2015年5月3日

Debian環境でたのしくoctaveをつかうためのメモ

ゴールデンウィークなのでoctaveに(もう何回目かわからないけど)再挑戦。
特に書きたいアプリがなかったのが過去の敗因だと思うんだけど、今回は
courseraのMachine Learningコースをとって演習をするのにoctaveをつかっているから今までより身につくかも。

emacsのモード選択をObjectiveCよりOctaveを優先するようにする

~/.emacs に以下を入れる
(setq auto-mode-alist (cons '("\\.m\\'" . octave-mode) auto-mode-alist))

デフォルトのtoolkitをfltkからgnuplotにする

fltkだとimagescなどがうまく動かない(色の指定が反映されていないのか真っ白になってしまう)ので、gnuplotに変更する。

~/.octaverc に以下をいれる

graphics_toolkit("gnuplot")

/proc/1/io を見るとsystemdがすごくI/Oしてそうに見える件メモ

/proc/1/io を見ると systemdがI/O大量にやっている(ように見える)のが腑におちなくてちょっとしらべました。 task_io_accounting_add という関数があってioの集計情報を足すのですが その関数がexit時によばれて子プロセスのio統計が...