2015年3月4日

IPアドレスのvalid lifetime

ip addr とかで
3: em1: mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000
    link/ether d4:3d:7e:dc:c8:ad brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.64.193.115/23 brd 10.64.193.255 scope global dynamic em1
       valid_lft 82874sec preferred_lft 82874sec
    inet6 fe80::d63d:7eff:fedc:c8ad/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
みたいになっているとき、em1のアドレスに有効期限がついている。
valid_lft 82874secが有効期限の設定。
この期限が切れた時には、kworkerがアドレスを切り離す。


これを設定しているのは /usr/sbin/dhclient-script で、以下みたいなコードで設定している。
ip -4 addr add ${new_ip_address}/${new_prefix} broadcast ${new_broadcast_address} dev ${interface} \valid_lft ${new_dhcp_lease_time} preferred_lft ${new_dhcp_lease_time} >/dev/null 2>&1

RHEL 5 ELS inclusion listでてた

Red Hat Enterprise Linux 5 ELS Inclusion List https://access.redhat.com/articles/2901071  が公開されてた。 なかなか範囲が狭くて厳しい。あとインターネットに直接晒されるようなプログラムがの...