2014年10月29日

Q: Red Hat Satellite Serverから処理実行をクライアントへpushするためにはどうしたらいいですか?

Red Hat Satelliteでの処理は、基本的にはクライアントからのポーリング(デフォルトでは4時間おき)により実施されます。
それに加えて、Satelliteから通知し、短い遅延でコマンドを実施するための仕組みが用意されています。

処理を即座に実施するためには、Satellite 側に osa-dispatcher、管理されるクライアント側に osad をインストールし、これらがSSLを経由して通信できるように設定する必要があります。

詳しくはドキュメントの以下に記載がございます。ご確認ください。

Satellite 5.6むけ英語版
https://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Satellite/5.6/html/Installation_Guide/sect-Installation_Guide-Maintenance-Enabling_Push_to_Clients.html

ご参考のため、Satellite 5.5むけドキュメントの日本語訳が以下にございま
す。
https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Network_Satellite/5.5/html/Installation_Guide/sect-Installation_Guide-Maintenance-Enabling_Push_to_Clients.html

RHEL 5 ELS inclusion listでてた

Red Hat Enterprise Linux 5 ELS Inclusion List https://access.redhat.com/articles/2901071  が公開されてた。 なかなか範囲が狭くて厳しい。あとインターネットに直接晒されるようなプログラムがの...