2010年5月18日

HDDをデータ復活できないように完全に消去したいとき

HDD消去のためには、RHELに
同梱されておりますコマンド shred をご利用いただくことで、0によるfill、
1によるfill、乱数によるfillを行うことができます。

shredは以下の25パターンを持っていて、デフォルトでは3回の乱数による上書き

行います。

shredの利用するパターンについて、ソースより引用:

* First, all possible 1-bit patterns. There are two of them.
* Then, all possible 2-bit patterns. There are four, but the two
* which are also 1-bit patterns can be omitted.
* Then, all possible 3-bit patterns. Likewise, 8-2 = 6.
* Then, all possible 4-bit patterns. 16-4 = 12.
*
* The basic passes are:
* 1-bit: 0x000, 0xFFF
* 2-bit: 0x555, 0xAAA
* 3-bit: 0x249, 0x492, 0x924, 0x6DB, 0xB6D, 0xDB6 (+ 1-bit)
* 100100100100 110110110110
* 9 2 4 D B 6
* 4-bit: 0x111, 0x222, 0x333, 0x444, 0x666, 0x777,
* 0x888, 0x999, 0xBBB, 0xCCC, 0xDDD, 0xEEE (+ 1-bit, 2-bit)
* Adding three random passes at the beginning, middle and end
* produces the default 25-pass structure.


パターン毎の指定はできません。
オプションで5回を指定することで
以下のように 乱数、0、乱数、1、乱数 の順で上書きを行います。

$ shred -v -n 5 hoge
shred: hoge: 経過 1/5 (random)...
shred: hoge: 経過 2/5 (000000)...
shred: hoge: 経過 3/5 (random)...
shred: hoge: 経過 4/5 (ffffff)...
shred: hoge: 経過 5/5 (random)...

RHEL 5 ELS inclusion listでてた

Red Hat Enterprise Linux 5 ELS Inclusion List https://access.redhat.com/articles/2901071  が公開されてた。 なかなか範囲が狭くて厳しい。あとインターネットに直接晒されるようなプログラムがの...