2010年3月23日

Core i7に対応したRHELはいつ出荷されますか? というFAQ

レッドハット製品はパーツ単位での動作認定をしていません。
そのため「CPUごとの動作認定はしていません。」というのが第一の回答になります。


次にCore i7はブランド名なのでCPUのマイクロアーキテクチャとしては
NehalemとWestmereが対応します。"Core i7"はデスクトップ向けブランドなので
直接に対応するハードウェアがHCLに載る可能性は低いかと思います。


Nehalem-EPを利用する場合はRHEL4.7および5.3以降を利用することを
強く推奨しています。事実上の対応宣言です。この中でも記載されていますが
5.2以前を利用の
場合にはサポートにて5.3以降へアップグレードをお願いする場合があります。http://kbase.redhat.com/faq/docs/DOC-15262


同様にWestmere-EPを利用する場合はRHEL4.8および5.3以降を利用することを
推奨しています。
http://kbase.redhat.com/faq/docs/DOC-27818


nehalem, westmere, core i7については以下のwikipediaのページがわかりやすいです:
http://en.wikipedia.org/wiki/Nehalem_(microarchitecture)

http://en.wikipedia.org/wiki/Intel_Core_i7

/proc/1/io を見るとsystemdがすごくI/Oしてそうに見える件メモ

/proc/1/io を見ると systemdがI/O大量にやっている(ように見える)のが腑におちなくてちょっとしらべました。 task_io_accounting_add という関数があってioの集計情報を足すのですが その関数がexit時によばれて子プロセスのio統計が...