2009年8月6日

the Prisoner

the Prosonerを同僚から借りてみていますが、、なかなか謎が深いです。いろいろひどい目にあってる割にNo.2の提案を素直にうけつづけるPrisonerとか、the Villedgeの資金源とか、白い風船はどうやって攻撃しているのかとか。


No.1が謎なあたり、社会全体に敵がひそんでいるあたりは1984を彷彿とさせるけどなあ。

3週間ほどGoogle Homeを使ったまとめ 小技編

サードパーティアプリの強制終了は「キャンセル」 サードパーティアプリそのものは玉石混交でまあどんどん変わっていくと思うので詳細には触れない。音声対話をしているときにサードパーティアプリが想定しているコマンドがわからなくなると「すみません、もう一回言ってください」「最後のコマン...